九州産「華味鳥」

良質の鶏を作り出すのに欠かせないのは良質の「餌」。
トリゼンフーズの創業者である河津善陽が鶏肉販売を始め、美味しさの秘訣は、原点である鶏自身である事に気付き、創業者自ら養鶏に携わり現在の「華味鳥」が生まれました。
福岡、佐賀、長崎の澄んだ空気が満ち、たっぷりと陽光が降り注ぐ鶏舎で、「医食同源」の思想の元、海藻、ハーブ等のエキスを米糠、大豆粕などに混ぜて長期発酵させた「華味鳥専用飼料」を与え、大切に育てています。
その身が華やかなピンク色で美しく、旨味の中にしっかりとした味の主張があることから名付けられた「華味鳥」。
鶏肉特有の臭みが抑えられ、はっきりとした旨みと歯ごたえがあるのが特徴です。

華味鳥のもも肉を始め、弥冨農園さんの葉ネギ、筍、しいたけ、もちもち白玉と、具材たっぷりのたまご屋本舗の茶碗蒸しです!